良質な木と暮らす

 

一般的な木材は、強さがバラバラです

木材はたとえ樹種や産地が同じでも、強さや品質が一本一本異なります。ところが一般的には、樹種だけで木の強さを推し量っているのが現状です。つまり、見なし強度だけで木材を選択している場合が多いのです。 一般的な木材は、強さがバラバラです
 
 

本当に強い木だけを一本一本選びます

もしも一軒分の構造材の中に弱い木材が混ざっていたら、長い間に躯体(家の構造)の品質が劣化する可能性があります。
そのために私たちは、構造材の強度や品質を一本一本確かめることから始めています。一定の基準に満たない木を使うことはなく、合格した材だけを「PFウッド」と定め、刻印を押して出荷します。PFウッドの刻印は、強さの証です。
 
 
 

芯まで乾燥させることで制度を一定に保ちます

木は乾燥させると反りや曲がりなどが起きにくくなり、精度がより安定します。
「澤村の家」の部材は、芯までしっかり乾燥させ、木材がもっとも安定する含水率15%以下にコントロールしています。
躯体となってからも精度がくるいにくく、建てた時の高い性能が長持ちします。
 
 
▲ページトップへ戻る
 
充分に乾燥していないと…
充分に乾燥していないと…
充分に乾燥していない木を使うと…
基礎 二階床
長い間に木がやせて
ボトルがぐらぐら、
家をぐらぐら…。
床が乾きゴルフボールが
自然にコロコロ…。
 
PFウッドは、設計された図面をもとに、(1)CADによる構造計算を行い、(2)木材が品質検査に合格し、(3)指定のプレカット工場にて加工することで品質管理が徹底され、部材瑕疵保証(限度額1,000万円、免責10万円)まで付帯されることになります。※詳しくはお問合せ下さい。
 
▲ページトップへ戻る
 

徹底した品質検査を行っています

一般的に行われている任意の抜き取り検査とは違い、PFウッドは一本一本に対して厳しい品質管理が行われています。
指定工場を設け、熟練した技術者が検査機器を用いて4段階の検査を実施。高度な水準をクリアした木材だけがPFウッドとして設定されます。
徹底した品質検査を行っています
 
反りや曲がりをチェック
 
強度を一本一本検査
 
寸法がくるいがないかを測定
 
芯まで乾燥できているか確認
 
合格印字PP
 
▲ページトップへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  • イノスの家~スタイリッシュな洋風から本格和風まで~
  • モデルハウス
  • ヴォーリズムの家
  • 重量木骨の家